バカラ①

バカラはゲームの王様と呼ばれ、1500年代にイタリアで発祥し、19世紀にヨーロッパに広まりました。ゲームの目標は単純で、賭けたハンドの合計が9か、それにごく近くなるように競います。プレイヤー、バンカーまたはタイ(引き分け)に賭けます。ディ―ラ―はまず、これらのハンドに表向きの2枚のカードを配ります。各々のハンドの合計をディーラーが数え、3枚目のカードを配る場合は、ディーラーが配ります。両ハンドの合計が等しい場合、タイ(引き分け)となり、プレイヤーとディーラーのハンドに賭けたベットは戻ります。